アトピーの人のスキンケア

アトピー性皮膚炎を発症する原因は、遺伝的なものや食べ物、生活環境、日常生活からくるストレスなど、様々なものが考えられています。

そして、発症してしまわれた方の肌は、とってもデリケートです。

大人の半分の厚さしかないという赤ちゃんも、大人になって発症してしまったけれど、外出する時はお化粧をしなくてはいけない女性の方など、アトピー性皮膚炎にはどのようなスキンケアが有効なのでしょうか。

デリケートなお肌は、しっかりと保護をして、保湿をしなくてはいけませんよね。

外出をされる時は、例え太陽が出ていなくても日焼け止めクリームをしっかりと塗りましょう。

お風呂で体を洗う際も、タオルでゴシゴシ擦っては傷がついてしまいます。

石鹸などをよく泡立てて、手のひらに取り、やさしく撫でるように洗ってください。

お風呂から上がったら、ゴシゴシ擦らず、上から押さえるようにしてタオルで体の水気を吸い取り、たっぷりと保湿クリームを塗りましょう。

痒みなどの症状が出てから対処するのではなく、こうした普段からのスキンケアが、症状の軽減に繋がりますよ。

同じ顔や性格の人が居ないように、アトピー性皮膚炎の症状も、人によって異なります。

ご自分やお子さんの、症状の具合によって、そのスキンケアの内容や方法も、随分と違って来るものです。

まず、ご自分やお子さんのアトピーが、どのような程度なのかを、きちんと知る必要があります。

軽度の場合でしたら、市販のローションやクリームで改善されることもありますが、重症化すると内服薬の服用や、点滴や、入院が必要な場合もあります。

痒みを伴うアトピー性皮膚炎は、精神的にもストレスになりますよね。

適切なローションやクリームなどを、適量塗布することも大切ですし、その他にも部屋を清潔に保ち、換気を良くしたり、入浴の際も、敏感肌用の石鹸やボディーソープなどを使ってみたりも有効だと思います。

寝具に潜んでいるダニやカビも、アトピーには良くありません。

こまめに干して風を通したり、掃除機で丁寧に吸ったりしながら、生活全般がスキンケアなのだという意識にされてみてはいかがでしょうか。