アトピーと食の関係について

アトピー性皮膚炎は痒みの強い湿疹で、気象条件や生活条件によって違いはあるでしょうが、酷くなったり、楽になったりを繰り返します。

アトピー性皮膚炎を発症するのは、もともと気管支喘息や、アレルギー性鼻炎になりやすい体質の人とも、言われています。

痒みを伴うため、小さな子供は我慢をすることが出来ずに掻きむしって、挙句血まみれになってしまうなんてこともありますよね。

病院を受診すれば、アトピー性皮膚炎の症状を軽減される塗り薬が処方されますが、それでも小さい子供ですから、出来るだけ薬には頼りたくないと思うお母さんも多いのではないでしょうか。

症状を軽減させるために、食事療法というものがあるのをご存じですか。

食べ物は口から入る、大切な薬です。

添加物などをあまり使わず、味付けも薄めにした、体に良いものを日常的に体内に取り入れることで、不快な症状が軽減されたという例も、たくさんありますよ。

食育という言葉もありますし、それにママの愛情もプラスされることで、効果が期待できるのではないでしょうか。

アトピー性皮膚炎に避けた方が良いと言われている食べものと、症状の改善に良いと言われている食べ物は、一体どのようなものでしょうか。

アトピー性皮膚炎になる原因は、これと言って明確なものはありません。

遺伝的なものや、生活環境や、ストレスなど、様々です。

その中には、食事も大きな原因になると言われています。

まず避けた方が良いものとしては、一般的にアレルギー反応を起こしやすいと言われている食べ物です。

添加物も良いものではありませんので、避けたいですね。

反対に改善に良いと言われている中で、特に積極的に食べたいのは、ビタミンとミネラルを多く含んだ食品です。

そして、バランスの取れたメニューで、1日3回きちんと食事をすることも大切なポイントになります。

近年世界でも注目を浴びている和食は、栄養バランスが良く、アトピー性皮膚炎の改善にも良いと言われています。

今までは洋食メニューが得意だったというお母さんも、我が子のアトピー性皮膚炎の改善を機会に、和食のレパートリーを増やしてみませんか。